1. トップページ
  2. 生牧草
  3. 生牧草選びで困った時は

生牧草選びで困った時は

生牧草選びで困ったときのためのページです。

「どの品種を選べばいいのかわからない!」そんなときはこちらのページを参考までにご覧ください。

閲覧・ご利用に当たってのご注意

こちらに掲載している内容は、弊社とお取引いただいている動物病院の先生方、動物園の飼育係の方、長年飼育経験のある個人の方からの情報や、弊社での飼育経験などを総合して掲載しているものです。掲載データの正確性について弊社はいかなる保証もしません。生牧草は生もので生きています。動物たちはそれ以上にそれぞれ個体差があり、千差万別です。あくまで一つの事例としてご覧ください。コンテンツの内容を使用したことによるなんらかの損害について弊社は責任を負いませんので、ご自身の判断によりコンテンツの内容をご使用いただきますよう、お願いいたします。

うちの仔には何をあげたらいいの?

ウサギにあげたい!

基本的に栄養価の低いイネ科の生牧草が良いでしょう。個体差にもよりますがマメ科のクローバーはウサギさんが大好物でバクバク食べますが、マメ科は栄養価が高いためウサギの場合は食べ過ぎると体に良くありません。ただしおやつ程度に与える分にはまったく問題ありません。また栄養がたくさん必要な子供のころには、栄養価の高いマメ科の生牧草を適度に与える方が良いと言われています。そのほかには弊社のお客様で、元気がなく食欲がない仔に食欲を取り戻すきっかけとしてマメ科のクローバーを与えたところ、食べるようになったといったお便りを今までに何十件もいただいています。

イネ科の生牧草はこちら

カメにあげたい!

基本的にはマメ科シロクローバーが良いでしょう。弊社では上野動物園、大島動植物園のリクガメ・ゾウガメたちに、マメ科シロクローバーとイネ科イタリアンライグラス、イネ科スーダングラスを長年の間お届けしています。それぞれ収穫できる時期が異なるためシロクローバーがお届けできる時期にはシロクローバーを、それ以外の時期にはイタリアンライグラスを、それ以外の時期にはスーダングラスをお届けしています。

マメ科の生牧草はこちら

プレーリードッグにあげたい!

基本的にはイネ科の生牧草、発情期前後にかけてはマメ科の生牧草が良いでしょう。弊社が運営する「PDfarm」では年間365日を通して新鮮な生牧草をイネ科マメ科問わずふんだんに与えていますが、これは上野動物園のプレーリードッグたちも同じです。弊社では発情期にさしかかる時期から育児期にかけて、栄養価の高いマメ科の生牧草を多く与えるようにしています。それは出産率すなわち健康に影響していることが、経験と調査によってわかったからです。弊社が2005年にプレーリードッグの故郷コロラド州デンバーへ直接行って調査したところ、野生のプレーリードッグはイネ科だけでなくマメ科の牧草も食べていました。

今までにいただいたお客様の声をご紹介!
お客様の声