1. トップページ
  2. 生牧草
  3. 現在お届け品種

現在お届け品種

現在お届け中の品種を掲載しています。

現在お届け品種画像を、中央牧草センター公式Facebookページにて更新中です。
中央牧草センター公式Facebookページはこちら

イネ科

緑葉(りょくよう)

緑葉

緑葉

品種:緑葉(りょくよう)
場所:千葉県四街道市
説明:緑葉は、同じイネ科のトールフェスクやオーチャードグラスに比べ水分が多く、なんと言っても嗜好性の高い品種です。毎年、上野動物園や千葉市動物公園の動物たち(ゾウ・キリン・ウサギ・バイソン・ラクダ・ムフロン・モウコノウマ・水牛・プレーリードッグなどなど!)もモリモリ食べています。他の暖地型牧草に比べると、茎が太く水分が多く耐湿性に優れるため、水はけの悪い畑でもしっかり育つ品種で、夏にピッタリの品種です。ただしその分他の品種と比べて若干日持ちが短くなりますので、保管にはより一層の注意がいります。
北海道農場産チモシー

北海道農場産チモシー

北海道農場産チモシー

品種:チモシー
場所:北海道函館市
説明:チモシーはイタリアンライグラスと同様、極早生品種から極晩生品種までと品種数が多く、嗜好性も高いことから幅広く利用されている優秀な品種です。夏場の切り替えで苦労されているお客様へより多くの選択肢をご提供するために、1年間の検証期間を経た後、2015年ついに北海道農場をスタートいたしました。大いなる豊穣の大地、函館にある中央牧草センター北海道農場より、弊社スタッフによる長期住込産地直送形式にて夏場の期間限定でお届けいたします。
詳細は下記をご覧ください。
2016年06月16日 - 北海道農場産チモシーに関する追加のお知らせ
2016年06月08日 - 北海道農場産チモシーのお知らせ
2015年11月06日 - 北海道農場についてのご案内
2015年07月15日 - 北海道農場スタート!

マメ科

シロクローバー

シロクローバー

シロクローバー

品種:シロクローバー
場所:四街道市
説明:シロクローバーは茎からまっすぐ1本で三つ葉や四つ葉になり白い花が咲きます。地面をはうようにホフク枝(ホフクシ)で高さ10cm位まで伸びます。アカクローバーよりも柔らかいですがどちらも発芽したてでは変わりません。弊社では主に4月中旬から8月上旬までと、10月下旬から11月中旬までの間リクガメ用としてお届けしています。ちなみに弊社と長年取引していただいている恩賜上野動物園や、東京都大島公園のリクガメ、ゾウガメに対してもこのシロクローバーをお届けしています。
  • マメ科シロクローバーの真空パックタイプは商品の特性上取り扱っておりません。
  • マメ科品種はイネ科に比べて虫が入ることが多いです。なぜなら「無農薬有機質露地栽培」にこだわって育てているからです。虫は、より自然であり、より安全である証拠として捉えていただき、ご納得してからの利用をしていただければ幸いです。時期などその時々の状況によって大量に虫が入ることもありますのであらかじめご了承ください。
ミックス

ミックス

ミックス

品種:ミックス
場所:千葉県四街道市
説明:ミックスは弊社オリジナルの方法で、マメ科アカクローバー、ルーサン(アルファルファ)、イネ科イタリアンライグラス、オーチャードグラス、トールフェスクを混播して栽培した商品です。時期によりいずれかが不規則に混ざります。ちなみに弊社と長年取引していただいている美浦トレーニングセンターや川崎・大井競馬場の競走馬に対してもこのミックスをお届けしています。
  • マメ科ミックスの真空パックタイプは商品の特性上取り扱っておりません。
  • マメ科品種はイネ科に比べて虫が入ることが多いです。なぜなら「無農薬有機質露地栽培」にこだわって育てているからです。虫は、より自然であり、より安全である証拠として捉えていただき、ご納得してからの利用をしていただければ幸いです。時期などその時々の状況によって大量に虫が入ることもありますのであらかじめご了承ください。

ご注文の方法についてご説明します。
ご注文方法