1. トップページ
  2. 生牧草
  3. 牧草豆知識

牧草豆知識

マメ科の牧草は土を耕す

マメ科植物の根っこには根粒菌(こんりゅうきん)という微生物が住んでいるのですが、この根粒菌は大気中の窒素分を吸収して宿主(たとえばシロクローバー)が吸収できる形に変化させて供給してくれる特殊能力を持っています。その代わり宿主からは自分の食べ物である炭水化物やミネラルをもらいます。このようにお互いが支えあって生きていることを共生(きょうせい)と呼びます。

この特殊能力はとても面白いです。たとえば土中の窒素分が多ければその能力は衰えますし、逆に窒素分が少ない畑では能力が活発化します。つまり、この根粒菌と共生するマメ科の牧草は基本的に窒素肥料を必要としないのです。

そうして育ったマメ科植物はやがて土に戻ります。すると、もともと窒素分が少なかった畑が窒素分たっぷりの畑に変身します。つまりマメ科以外の植物もその恩恵にあずかれるわけです。このような手法は肥料のない時代には積極的に取り入れられていました。

生牧草…どれを選んでいいのかわからない!そんなときは…
生牧草選びで困ったときは