1. トップページ
  2. 新着情報詳細

新着情報詳細

2014年05月12日 - イネ科チモシーを増量して無料同梱いたします

毎年、5月~6月にかけての期間限定で商品として販売していたイネ科チモシーにつきまして、今年は期間限定「商品」としての登場はなくなります。その代わり、広くたくさんの方にお届けするために、生牧草を購入され期間中にお受け取りになる全ての方に何度でも、ひとつかみほどのチモシーを増量して無料同梱させていただきます。

なぜ?

このたび、「全国の動物たちの健康とお客様の笑顔のため」ということを全スタッフでもう一度真剣に考え議論した結果、今回ご案内する新形式の決定にいたりました。

チモシーは大別するとイタリアンライグラスと同じ寒地型牧草に分類され、雪国や高原などの気温の低いところでよく育ちますが、それ以外の地域では特性上なかなか難しく関東平野で栽培をすることはまれです。※ゼロではありません。

また乾草として扱いやすい特性もあって海外からの輸入量が昔から一番多いため、現在国内では乾草での流通量が最も多く、牧草=チモシーといっても過言でないほど知名度がありますが、チモシー自体は数多くある牧草品種の中の一つに過ぎません。

弊社では、2002年から特別にチモシーを栽培開始し12年目になります。長年のノウハウを活かして取り組み、商業的にかなりロスを出しつつも5月~6月にかけての期間限定「商品」という形でお届けしてまいりました。栽培を開始した理由につきましては、希望されるお客様が多かったのも一つですが、それよりも大きな理由としてはほかに2つあります。

一つ目は、生牧草専門家としてのチャレンジ精神。関東平野では難しいとされる品種を、特性を考慮してあえて栽培に挑戦することで、ノウハウの蓄積・向上を図りつつ、お客様への更なるサービスの向上を図ろうとする点。

最も大きな2つ目は、弊社は生牧草をおやつなどの嗜好品としてだけでなく、何も食べないで弱っている仔や、病気やストレス回避などの日々の健康維持のためのものとして、「命をつなぐ生牧草」としての位置づけで栽培をしておりますが、ある一つの品種を食べなくとも、別の品種のものは食べる仔も中にはいて、いろんな品種があることによってそれがきっかけで食を取り戻し元気になることがあるからです。

このような理由が大きく、数多くある牧草品種の一つであるチモシーを栽培してまいりました。

お客様の望むことだけではなく、お客様のためになることを。

しかしながら「期間限定でしかお届けできないチモシーを無理に商品として販売することが、果たして本当にお客様のためになるのかな?」ということが議題として挙がり、その上で「いっそのことチモシーの栽培を中止してはどうかな?」といった様々な案も挙がりましたが、生牧草専門家として栽培自体を止めるのではなく栽培をし続けてかつ、お客様の望むことだけではなく、お客様のためになることを行おうという流れで一致し、広くたくさんの方に出来る限りお届けしていくため、このたびの無料同梱形式を決定いたしました。

ひとつかみほどのチモシーを増量して無料同梱いたします。

つきましては、今後チモシーのお届けにつきましては、広くたくさんの方にお届けするために、生牧草を購入され期間中にお受け取りになる全ての方に何度でも、ひとつかみほどのチモシーを増量して無料で同梱させていただく形式を取らせていただきますことをご案内申し上げます。

何よりも「全国の動物たちの健康と幸せのために」という理念の下、これからも弊社は取り組んでまいりますので、今後ともより一層のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

同梱期間

2014年5月14日(水)収穫・発送開始 ~ 6月中旬
なくなり次第終了させていただきますのでご了承ください。

2014年6月16日(月)追記:6月18日(水)の収穫発送をもちまして終了とさせていただきます。