1. トップページ
  2. 新着情報詳細

新着情報詳細

2016年05月11日 - 市原市市長を表敬訪問

地方創生

このたび、市原市の小出市長にお会いして、市原市および、千葉県に特化したオートキャンプ場「一番星ヴィレッジ」のご説明、ご協力のお願いをしに面談の場をいただきましたので、ご関係者の皆様や応援してくださっている方々へ向けて報告させていただきます。

「一番星ヴィレッジ」は、「大人も子どもも同じ目線で楽しめる世界」をテーマに主に家族連れの方を対象にしたキャンプ場として2013年に誕生しました。毎年5月~8月いっぱいまでの期間限定にて開催、今年で4回目になる関東地方で今最も注目を浴びているオートキャンプ場です。場所は千葉県市原市葉木にあり、弊社が牧草地として管理保全する東京ドーム13個分のフィールドを活用しています。運営は株式会社遊放浪が主催、弊社(中央牧草センター)が共催する形で行い、耕作放棄地の管理保全を行いながら市原市が持つ「潜在的活力資源」のさらなる有効活用に貢献しております。

小出市長には、市原市の地方創生の一つとして「一番星ヴィレッジ」の魅力をご説明させていただきました。市原市の持つ里山や雄大な自然などの「潜在的活力資源」を有効活用して、都心からわずか70分で来ることができる魅力を、都心はもちろん、市原市民の方々や関東圏内全域のご家族連れの方々を中心にご提供し続けていること、また、今年8月20日~21日に一番星ヴィレッジ内にて開催予定の、千葉県に関わりのある方々を中心としたミュージック&キャンプイベント「PEANUTS CAMP」開催のご説明とご協力のお願いに上がりましたところ、市長、および観光担当課のお力添えをいただけるとのご快諾をいただきました。深く感謝いたします。微力ながらこれからも市原市、千葉県のお力になれればと思い行動してまいりますので、関係の方々のご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

日本生牧草協会 理事長
株式会社 中央牧草センター 代表取締役社長
増田浩二