FPとは?

緑の大草原が広がる市原市葉木の会場風景

FPとは「中牧草食動物フレンドパーティー」(FriendParty)のことです。

何をするパーティー?

主な目的はなんといっても「癒し」です。東京ドーム13個分の大草原で自然とじかに触れて、身も心も癒されてみませんか?

どんな人たちが来るの?

当日は全国から300名の方と、たくさんの草食動物たちに参加していただける規模を想定しています。同じ趣向の方々とお知り合いになる絶好のチャンスです。当日はいろいろなイベントを盛り込み、ランチ食べ放題、牧草食べ放題で人間と動物が一緒に楽しめます。

具体的なお楽しみ内容は「楽しもう!」のページをご覧ください。

緑の大草原が広がる市原市葉木の会場風景

また当日は弊社の代表増田が日本の子供たちを良くするために40年にわたり取り組んでいる武道教育空手自然塾の子供たち(カラテキッズ)も多数参加しますのでよろしくお願いいたします。

草食動物?

うさぎ、プレーリードッグ、カメ、モルモットなどなど。広大な草原でお連れの動物たちと思いっきり遊べます。また、あくまで「草食動物限定」ですので、草食動物たちにとって脅威となる犬や猫などの肉食系の動物は、入場を固く禁止していますので、安心して楽しめます。

草食動物は飼ってないのですが…

ご安心ください。どなたでもご参加いただけます。草食動物を飼育していない方でも、自然や動物に興味がある方でしたら、ぜひご参加ください。自然の雄大さ、動物たちのかわいらしさを参加者全員で分かち合い、一緒に楽しみましょう。

中牧BBQ大会の様子

このイベントは10年も前からあるのですね。

お客様から要望をいただいたことがきっかけで、1999年から毎年開催させていただいているイベントです。第9回までは「中牧BBQ大会」と称して開催していました。

たくさんの方に応援をいただきながら、お客様への感謝のしるしとして、年に1回のペースで開催してまいりましたが、近年はおかげさまで約100名もの方々と(実際の応募は200名)、うさぎ、プレーリードッグ、リクガメ、モルモットなど約100匹近くのかわいらしい草食動物たちに集まってもらえる、とてもにぎやかで素敵なイベントにすることができました。

記念すべき第10回目となる今回は、弊社のキャパシティが限界に達してしまったことにより、第10回を良い区切りとし、「グランドフィナーレ」としての位置づけで、人数制限を設けず開催いたします。(300名様想定ですが、何名様でも参加可能です。参加申し込みをいただける場合は、安心してお申し込みください。)

参加方法についてはこちらをご覧ください。

第10回中牧草食動物フレンドパーティーの開催場所について

「日本の子供たちに、自然と触れ合いながら成長していける総合自然塾を創りたい。」弊社の代表増田にはそんな夢があります。

FP開催場所は、東京ドーム13個分にも及ぶ広大な牧草地です。この牧草地を活用して、こんな活動を実践していきます。

  1. 安全な食の大切さと、食するまでの栽培の苦労、食養を実践していきます。(自ら知ることができます)
  2. 子供たちを自然の中に飛び込ませ、大自然の中でコミュニケーションの取り方を知る経験をさせていきます。(人と交わることの大切さを学べます)
  3. 草食動物の飼育を行います。(育てる心、慈しむ心を育てます)
  4. 地域の生きた活動を行います。(地元雇用と活性化に貢献していきます)
  5. 武道を通して精神のコントロールの仕方を学びます。(我慢をする心→耐える心→感情の起伏をセーブする→心の中心を育てます)

このたび、総合自然塾の予定地であるこの広大な牧草地を、FP開催場所とすることで、より多くの一般の方々にもこの活動を知っていただき、賛同していただける方々と共に、夢を実現していきたいと考えております。そして検討中だった総合自然塾の名称を、「葉木フロンティアファーム」改め、「千葉・草原のこころファーム」として正式決定いたしました。今後は名称を「千葉・草原のこころファーム」、スローガンを「ひとくわ運動」として掲げ、夢の実現のために一歩ずつ進めてまいります。

「千葉・草原のこころファーム(旧:フロンティアファーム・葉木)」プロジェクトに関係するこれまでのお知らせ

「千葉・草原のこころファーム」協賛団体

「千葉・草原のこころファーム」は、以下の団体に協賛していただいています。